公開日:2017年5月22日

スペシャルコンテンツ

『広告』2017年 春 5月号

独特な言葉遣いで話題のモデル・滝沢カレンさん。
常人には理解できない発言に注目されがちだが、 時にその言葉にまぎれながら、本質的なことをさらりと言ってのける。
振り返らずに感じたことをどんどん文章を書き進めていくのがスタイルというが、 もしかすると鋭い視点はそのむき出しの直感からきているのかもしれない。

そんな滝沢カレンさんが書評に初チャレンジ!『広告』5月号 特集「変名感字の世界」を読んでもらい、 気になった企画について書評を書いてもらった。
雑誌内では言葉が本来持っている面白さを紹介したのだが、この書評も、滝沢さんの踊り遊ぶ言葉遣いの中に、言葉の面白さのヒントが隠されている。 …のかも知れない。

”変名感字の世界”を地でいく滝沢カレンさんの「変名感字の書評」を見ていただこう。

漢字に一工夫して新しい感じを作る「アレン字」や、四字熟語をあえて間違えて強引に意味をつける「誤字熟語」など、新しい視点で漢字を楽しむドリル。

みなさんが個性をこれでもかと出し、かき集めた摩訶不思議な漢字たち🤔

もはや、漢字の元祖作り手の存在をあからさまに否定させているような尊重しているような不思議なざわつき感になりました😐😑😖😌😊

ですが、きっと発想や発明は未来への橋渡しです☄️💫

勇気を持って意味不明な物を自信満々と出す現代の人間に拍手です🌼👏🏻

きっと、漢字を第一作り手もみんなに理解されずに肩身狭く生活されていたでしょう😌👏🏻👏🏻

ですが、その肩身狭く生活送ってもらったおかげで私たちは堂々と恥なんかを一瞬たりとも感じず、外国にまで発信してる今があります☄️☘️☘️☘️

感謝したいです😌💕💕

ただひとつ、、
自由に発想することは素晴らしいことですが、自分の発想を人に押し付けることは万が一があっても違うのではないでしょうか🤔

発想を披露すると発想を共感してもらうは、また違うのかと思いました😊✋🏻

共感してもらうにはきっと長い長い月日の中人間同士の行動が共感に繋がるのであって、どんなに偉い方が明日から新しい言葉ができたぞ😤と言われたところで誰も共感できないでしょう😌

でも発想や使い方、作り方は自由です💛

長い時間をかけて、また新たな日本語に期待しましょう💫😊

書評と言うよりも想像力が爆発した文学のようなコメントをありがとうございます。前半戦で褒めて、後半戦で釘をさす。上げて、落とす。バックドロップ効果がすごいです。発想を押し付けることがないよう、一生懸命に勉強していきます。