公開日:2017年5月22日

スペシャルコンテンツ

『広告』2017年 春 5月号

独特な言葉遣いで話題のモデル・滝沢カレンさん。
常人には理解できない発言に注目されがちだが、 時にその言葉にまぎれながら、本質的なことをさらりと言ってのける。
振り返らずに感じたことをどんどん文章を書き進めていくのがスタイルというが、 もしかすると鋭い視点はそのむき出しの直感からきているのかもしれない。

そんな滝沢カレンさんが書評に初チャレンジ!『広告』5月号 特集「変名感字の世界」を読んでもらい、 気になった企画について書評を書いてもらった。
雑誌内では言葉が本来持っている面白さを紹介したのだが、この書評も、滝沢さんの踊り遊ぶ言葉遣いの中に、言葉の面白さのヒントが隠されている。 …のかも知れない。

”変名感字の世界”を地でいく滝沢カレンさんの「変名感字の書評」を見ていただこう。

古くから言い伝えられて来た知恵や風刺などが込められたことわざだが、社会システムが様々に進化を遂げた現代でも通用するのか。中野隊員が体を張ってことわざの真相を検証した。

今回はことわざについて追求された記事を読みました🙌🏻

残り物には福がある

なんとも昔ながらのこじつけな考え方でありつつ、だが息を飲むと、どこか現代の私たちに足りないなにかを植え込もうとしているような...😌💕

なんとも昔の人間からのメッセージという風に捉える私がいます🙌🏻

ということは置いといて、
これはことわざが本当なのか本当じゃないのかを試されていますが、実際昔の人間は実体験をわざわざことわざにしたとは、程遠さを感じる私がいます🙋🏼

なぜならば、ことわざとは理解する範囲に正解がないと思ってますので、みなさまの感覚で理解してしまえば楽勝です‼️💪🏻

つまり残り物に福があろうがなかろうが、
最後まで食べ物や貰ったものは食べたり使おう❣️というのが、あの日あの時あの人が伝えたかったお言葉だったのではないでしょうか☺️

ことわざに行動をくっつけるのではなく、
ことわざを理解して生活してみてはなにか変わるのではないでしょうか🤔💕❓

おっしゃる通り!まさに井の中の蛙大海を知らず。これからは名を取るより実を取れの精神で、長い物には巻かれていきます!