バックナンバー

  • 上記の「年代」や「年次」の数字をクリックすると、その年のバックナンバーが表示されます。
    また、Vol.210号以降については、各号の表紙や特集タイトルをクリックすると目次が表示されます。
  • 各バックナンバーの在庫や内容等についてのお問い合わせは、大変お手数ですが、下記編集部またはこちらまでお問い合わせください。

雑誌「広告」編集部

03-6441-6091

2017

2017年1月リニューアル 編集長 木原龍太郎(vol.405~)

「天然知能の底力」をテーマにリニューアル。好奇心と冒険心を止めることができない、人間の”あやふやな感覚”を楽しみ尽くす<究極のアナログ発想マガジン>として生まれ変わります。博報堂きっての冒険野郎として知られるPRディレクター、木原龍太郎が編集長に就任。B5変形判。

vol.407

変名感字の世界
コトバと文字の海を泳ぐ!

詳細

2017年 8月号vol.407

2017年7月19日発行(季刊)

490円(税込)

vol.406

変名感字の世界
コトバと文字の海を泳ぐ!

詳細

2017年 5月号vol.406

2017年4月19日発行(季刊)

490円(税込)

vol.405

全力迷走の世界
迷って走って、人生に刺激を!!

詳細

2017年 2月号vol.405

2017年1月19日発行(季刊)

490円(税込)

2016

vol.404

勝手な使命感

詳細

2016年 11月号vol.404

2016年10月19日発行(季刊)

500円(税込)

vol.403

70年と1歩

詳細

2016年 8月号vol.403

2016年7月19日発行(季刊)

500円(税込)

vol.402

みんなのぷんぷん

詳細

2016年 5月号vol.402

2016年4月19日発行(季刊)

710円(税込)

vol.401

人の間

詳細

2016年 2月号vol.401

2016年1月19日発行(季刊)

710円(税込)

2015

2015年2月リニューアル 編集長 尾形真理子(vol.397~404)

「なぜか愛せる人々」をテーマにリニューアル。頁を開くと、人間の思いがけない魅力に出会える雑誌を目指す。
歴代、最も若い女性コピーライター 尾形真理子が編集長に就任。A4変形判。

vol.400

これからの母性は

詳細

2015年 11月号vol.400

2015年10月19日発行(季刊)

400円(税込)

vol.399

生い おいおいの 老い

詳細

2015年 8月号vol.399

2015年7月19日発行(季刊)

710円(税込)

vol.398

3㎝のいたずら心

詳細

2015年 5月号vol.398

2015年4月19日発行(季刊)

710円(税込)

vol.397

水色の自己主張

詳細

2015年 2月号vol.397

2015年1月19日発行(季刊)

710円(税込)

2014

vol.396

東京、川ろうぜ

詳細

2014年 10月号vol.396

2014年9月3日発行(季刊)

710円(税込)

vol.395

モノヅクリはモノガタリ

詳細

2014年 4月号vol.395

2013年3月3日発行(季刊)

690円(税込)

vol.394

非言語ゾーン

詳細

2014年 1月号vol.394

2013年12月3日発行(季刊)

690円(税込)

2013

vol.393

創造性をプロトタイプする@カンヌ

詳細

2013年 10月号vol.393

2013年9月3日発行(季刊)

690円(税込)

vol.392

君の言っていることはすべて正しいけど、面白くない

詳細

2013年 5月号vol.392

2013年5月10日発行(季刊)

690円(税込)

vol.391

映像と心の間

詳細

2013年 2月号vol.391

2013年1月22日発行(季刊)

690円(税込)

2012

2012年8月リニューアル 編集長 市耒健太郎(vol.389~396)

雑誌コンセプト「恋する芸術と科学」としてリニューアル。芸術的発想と科学的思考を高次元で衝突させることによって、次世代にふさわしい創造性のありかを探す場とする。若手社員と研究者や学生が連携したプロジェクトノートをめざす。B4変形判。編集長の市耒健太郎は世界経済フォーラム2014年度ヤング・グローバル・リーダーズに選出された。

vol.390

エコエゴエロ

詳細

2012年 11月号vol.390

2012年10月20日発行(季刊)

690円(税込)

vol.389

新しい世界制作の方法

詳細

2012年 8月号vol.389

2012年7月20日発行(季刊)

690円(税込)

vol.388

やさしい革命

詳細

2012年 1月号vol.388

2012年1月20日発行(季刊)

690円(税込)

2011

vol.387

新たな未来を生きていくために必要な物語論

詳細

2011年 10月号vol.387

2011年9月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.386

あなたは何をシェアできる?

詳細

2011年 7月号vol.386

2011年6月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.385

「わかりやすさ」の大研究

詳細

2011年 4月号vol.385

2011年3月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.384

関係を生むデザイン

詳細

2011年 1月号vol.384

2010年12月15日発行(季刊)

690円(税込)

2010

vol.383

2010年代の若者論

詳細

2010年 10月号vol.383

2010年9月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.382

広告の終わり。広告のはじまり。

詳細

2010年 7月号vol.382

2010年6月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.381

生産する生活者論

詳細

2010年 4月号vol.381

2010年3月15日発行(季刊)

690円(税込)

2009

2009年4月リニューアル 編集長 永井一史(vol.378~388)。

378号より「新しい発想のエンジン」を編集コンセプト としてリニューアル。社会の価値観の変化、変わる人々の 「幸せのものさし」の最先端事象をとらえ、次なるコミュニケーションや社会のあり方を提示。A4変形判。

vol.380

2020年をデザインする

詳細

2009年 11月1月合併号vol.380

2009年10月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.379

日本の発想力

詳細

2009年 7月号vol.379

2009年6月15日発行(季刊)

690円(税込)

vol.378

新しい幸せのものさし

詳細

2009年 4月号vol.378

2009年3月15日発行(季刊)

690円(税込)

2008

vol.377

日本?文化?デザイン?

詳細

2008年 12月号vol.377

2008年10月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.376

ことばエネルギー2

詳細

2008年 9月号vol.376

2008年7月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.375

TOKYOって何?

詳細

2008年 6月号vol.375

2008年4月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.374

2008年の新しい人たち。

詳細

2008年 3月号vol.374

2008年1月26日発行(季刊)

690円(税込)

2007

vol.373

スポーツという感動

詳細

2007年 12月号vol.373

2007年10月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.372

もうひとつの世界へ

詳細

2007年 9月号vol.372

2007年7月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.371

ココロに、栄養を。

詳細

2007年 6月号vol.371

2007年4月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.370

発想!発想!!発想!!!

詳細

2007年 3月号vol.370

2007年1月26日発行(季刊)

690円(税込)

2006

vol.369

アートの力。デザインの力。

詳細

2006年 12月号vol.369

2006年10月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.368

メディアはどこへいく?

詳細

2006年 9月号vol.368

2006年7月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.367

ことばエネルギー

詳細

2006年 6月号vol.367

2006年4月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.366

時代が「日本」を向いている

詳細

2006年 3月号vol.366

2006年1月26日発行(季刊)

690円(税込)

2005

2005年6月リニューアル 編集長 土井徳秋(vol.364~376)

メイン読者層を企業の宣伝・広報・マーケティング担当部署の責任者および中堅層、業界関係者に戻し、サブ読者層を広告業界をとりまく有識者、業界をめざす学生に再設定。 雑誌コンセプトは「広告を新しくする場所」。読みやすさに軸足を置いた誌面づくりのなかで、社会のインサイトを発見し、広告コミュニケーションにかかわるテーマを発信。A4変形判。 

vol.365

クリエイティブでなければ街は生き残れない。

詳細

2005年 12月号vol.365

2005年10月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.364

なぜ、人はモノを買うの?

詳細

2005年 6・9月合併号vol.364

2005年7月26日発行(季刊)

690円(税込)

vol.363

文房具が教えてくれたこと

詳細

2005年 2月号vol.363

2005年1月1日発行(季刊)

690円(税込)

2004

vol.362

天才!新幹線

詳細

2004年 11月号vol.362

2004年10月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.361

名古屋大好き!

詳細

2004年 8月号vol.361

2004年7月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.360

日本を面白くする77人

詳細

2004年 5月号vol.360

2004年4月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.359

ニッポンを観光しよう

詳細

2004年 2月号vol.359

2004年1月1日発行(季刊)

690円(税込)

2003

vol.358

ああ、写真なしでは生きていけない

詳細

2003年 11月号vol.358

2003年10月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.357

絶対行きたくなるお店

詳細

2003年 8月号vol.357

2003年7月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.356

20代 あたらしい生き方

詳細

2003年 5月号vol.356

2003年4月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.355

日本はマンガなのだ!

詳細

2003年 2月号vol.355

2003年1月1日発行(季刊)

690円(税込)

2002

2002年5月リニューアル 編集長 嶋浩一郎(vol.352~363)

サブカルチャー色を出しながら、「売れる雑誌」を志向。354号から季刊となる。A4変形判。AD

vol.354

宇宙

詳細

2002年 11月号vol.354

2002年10月1日発行(季刊)

690円(税込)

vol.353

東京

詳細

2002年 7・8月号vol.353

2002年6月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.352

こども力

詳細

2002年 5・6月号vol.352

2002年4月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.351

future social design vol.7 HOPE

詳細

2002年 3月号vol.351

2002年2月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

2001

2001年1月リニューアル 編集長 池田正昭(vol.345~351)。

2001年、フューチャー・ソーシャル・デザイン(fsd)をトータルコンセプトとし、雑誌を未来社会デザインの実験場にすることを試みる。お金、環境、デジタルメディア、笑い、ビジネスなど、様々な領域のプロジェクトを実際に進行させながら誌面化していくというのが編集方針。中心プロジェクトは新しい貨幣コンセプトを実装させようとしたOpen Money Projectで、カナダで実際にLETSという地域通貨を開発~運営しているマイケル・リントンを編集部に迎え、「アースデイマネー」という地域通貨を実際に東京で立ち上げていった。このプロジェクトの進行経過に合わせて、各号のテーマが設定された。表紙はジョナサン・バーンブルック。B4変形判。

vol.350

future social design vol.6 LET'S ASSOCIATE

詳細

2002年 1月号vol.350

2001年12月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.349

future social designn vol.5 LET'S TOUCH

詳細

2001年 11月号vol.349

2001年10月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.348

future social design vol.4 LET'S DESIGH

詳細

2001年 9月号vol.348

2001年8月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.347

future social design vol.3 LET'S OPEN

詳細

2001年 7月号vol.347

2001年6月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.346

future social design vol.2 LET'S PLAY

詳細

2001年 5月号vol.346

2001年4月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.345

future social design vol.1 LET'S EXCHANGE

詳細

2001年 3月号vol.345

2001年2月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

2000

vol.344

21世紀への広告的課題

詳細

2000年 11・12月号vol.344

2000年11月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.343

ネットワーカー調書

詳細

2000年 9・10月号vol.343

2000年9月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.342

ヘンタイ感覚

詳細

2000年 7・8月号vol.342

2000年7月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.341

ケータイ空間

詳細

2000年 5・6月号vol.341

2000年5月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.340

キャラクター原論

詳細

2000年 3・4月号vol.340

2000年3月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.339

スーパーフラット元年

詳細

2000年 1・2月号vol.339

2000年1月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

1999

1999年1月リニューアル

1999(平成11)年、広告会社の社会的責任の高まりを先取りして、「広告と社会との新しい関係を考える雑誌」と位置づける。2000年には「社会をクライアントとした博報堂の戦略メディア」に進化させ、社会変化に対応した新しい広告やコミュニケーションのあり方を提示。年間キーワードに「スーパーフラット(到来したネットワーク社会とそこに生きる人々のコミュニケーションのあり方の本質が、あくまでもフラットな関係性にあるという考え方)」を掲げた。333号よりA4変形判。 

vol.338

東浩紀のすごいデカい話

詳細

1999年 11・12月号vol.338

1999年11月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.337

お店がわたし

詳細

1999年 9・10月号vol.337

1999年9月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.336

ふつうのカップル

詳細

1999年 7・8月号vol.336

1999年7月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.335

つかみはOK?

詳細

1999年 5・6月号vol.335

1999年5月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.334

国民的バッドテイスト

詳細

1999年 3・4月号vol.334

1999年3月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

vol.333

若者のすべて

詳細

1999年 1・2月号vol.333

1999年1月15日発行(隔月刊)

690円(税込)

1998

1998年1月 編集長 細井聖(vol.326~344)

vol.332

サブスポーツ

詳細

1998年 11・12月号vol.332

1998年11月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.331

ブランド本

詳細

1998年 増刊号vol.331

1998年11月1日発行

1,200円(税込)

vol.330

リ組の世直しネットワーク

詳細

1998年 9・10月号vol.330

1998年9月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.329

超声帯講座

詳細

1998年 7・8月号vol.329

1998年7月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.328

わたしがソーシャル・マーケティングです

詳細

1998年 5・6月号vol.328

1998年5月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.327

英語の商品力

詳細

1998年 3・4月号vol.327

1998年3月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.326

オヤジ論一九九八

詳細

1998年 1・2月号vol.326

1998年1月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

1997

vol.325

ラスベガスのつくり方

詳細

1997年 11・12月号vol.325

1997年11月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.324

お笑いシーンのバカぢから

詳細

1997年 9・10月号vol.324

1997年9月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.323

明るい農業マーケティング

詳細

1997年 7・8月号vol.323

1997年7月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.322

日本語の電脳進化

詳細

1997年 5・6月号vol.322

1997年5月15日発行(隔月刊)

530円(税込)

vol.321

ペットからソーシャルアニマルへ

詳細

1997年 3・4月号vol.321

1997年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.320

顔学のすすめ

詳細

1997年 1・2月号vol.320

1997年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1996

vol.319

イマを斬れ!時代劇

詳細

1996年 11・12月号vol.319

1996年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.318

デジタル化で変わるテレビ生活

詳細

1996年 9・10月号vol.318

1996年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.317

観るスポーツは“プロ”が支える

詳細

1996年 7・8月号vol.317

1996年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.316

次世代博覧会が見えてきた

詳細

1996年 5・6月号vol.316

1996年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.315

「ビール広告」大集合

詳細

1996年 3・4月号vol.315

1996年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.314

音楽シーンはどうなっとるのか!

詳細

1996年 1・2月号vol.314

1996年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1995

vol.313

95年版CM表現分析

詳細

1995年 11・12月号vol.313

1995年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.312

インターネットがなんだ!

詳細

1995年 9・10月号vol.312

1995年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.311

ソフト天国! 吉本興業

詳細

1995年 7・8月号vol.311

1995年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.310

アジアが見ている日本のテレビ

詳細

1995年 5・6月号vol.310

1995年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.309

チラシの広告力

詳細

1995年 3・4月号vol.309

1995年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.308

電話一人一台時代がやってくる

詳細

1995年 1・2月号vol.308

1995年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1994

vol.307

テレビゲームは国民遊戯

詳細

1994年 11・12月号vol.307

1994年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.306

格闘技ブームの秘密

詳細

1994年 9・10月号vol.306

1994年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.305

サマータイムで夕暮れを楽しむ

詳細

1994年 7・8月号vol.305

1994年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.304

成功するサイン・デザイン

詳細

1994年 5・6月号vol.304

1994年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.303

CD-ROMが変えるホーム・エンターテインメント

詳細

1994年 3・4月号vol.303

1994年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.302

天気予報パワー

詳細

1994年 1・2月号vol.302

1994年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1993

vol.301

おにわマーケティング

詳細

1993年 11・12月号vol.301

1993年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.300

“自分探し”社会のゆくえ

詳細

1993年 9・10月号vol.300

1993年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.299

“おまけ”はどこへ行くか

詳細

1993年 7・8月号vol.299

1993年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.298

大躍進!中国の市場活動

詳細

1993年 5・6月号vol.298

1993年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.297

フリーダイヤル0120活用術

詳細

1993年 3・4月号vol.297

1993年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.296

テレビって何だろう?

詳細

1993年 1・2月号vol.296

1993年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1992

1992年1月 編集長 杉本進(vol.290~325)

vol.295

あなたの会社の国連度

詳細

1992年 11・12月号vol.295

1992年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.294

休日と広告

詳細

1992年 9・10月号vol.294

1992年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.293

シンボリック・ストック 企業コミュニケーションの新次元

詳細

1992年 7・8月号vol.293

1992年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.292

絶好調!モータースポーツ番組を追え

詳細

1992年 5・6月号vol.292

1992年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.291

在日外国人の広告観

詳細

1992年 3・4月号vol.291

1992年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.290

Jリーグ開幕へ、あと一年

詳細

1992年 1・2月号vol.290

1992年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1991

vol.289

「コミックモーニング」大研究

詳細

1991年 11・12月号vol.289

1991年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.288

ファッション化ビジネス

詳細

1991年 9・10月号vol.288

1991年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.287

エキスポ・シティー新生カタログ

詳細

1991年 7・8月号vol.287

1991年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.286

ハイパー・テレフォン生活

詳細

1991年 5・6月号vol.286

1991年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.285

社会人ボランティア

詳細

1991年 3・4月号vol.285

1991年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.284

再びヒューマン・スケールへ

詳細

1991年 1・2月号vol.284

1991年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1990

vol.283

ペットが見た日本人

詳細

1990年 11・12月号vol.283

1990年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.282

高品質睡眠のすすめ

詳細

1990年 9・10月号vol.282

1990年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.281

動き出すシルバーメディア

詳細

1990年 7・8月号vol.281

1990年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.280

東ヨーロッパの広告シーン

詳細

1990年 5・6月号vol.280

1990年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.279

パスカル社会

詳細

1990年 3・4月号vol.279

1990年3月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.278

ストラテジック・デザイン・ダイナミクス

詳細

1990年 1・2月号vol.278

1990年1月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

1989

vol.277

70万人専修学校生に注目

詳細

1989年 11・12月号vol.277

1989年11月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.276

地球市民としての企業

詳細

1989年 9・10月号vol.276

1989年9月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.275

濃縮版 80年代の広告

詳細

1989年 7・8月号vol.275

1989年7月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.274

快適ニッポン

詳細

1989年 5・6月号vol.274

1989年5月15日発行(隔月刊)

520円(税込)

vol.273

はらっぱメディア

詳細

1989年 3・4月号vol.273

1989年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.272

多価値化社会へようこそ

詳細

1989年 1・2月号vol.272

1989年1月15日発行(隔月刊)

500円

1988

1988年1月 編集長 久保道夫(vol.266~289)

vol.271

CM音楽の24時間

詳細

1988年 11・12月号vol.271

1988年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.270

30歳成人説

詳細

1988年 9・10月号vol.270

1988年9月15日発行(隔月刊)

500円

vol.269

シリコン・サウンドの時代

詳細

1988年 7・8月号vol.269

1988年7月15日発行(隔月刊)

500円

vol.268

私だけの時間

詳細

1988年 5・6月号vol.268

1988年5月15日発行(隔月刊)

500円

vol.267

新和風ビジネス

詳細

1988年 3・4月号vol.267

1988年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.266

スポーツはどこへ行くか

詳細

1988年 1・2月号vol.266

1988年1月15日発行(隔月刊)

500円

1987

vol.265

20年後のマクルーハン

詳細

1987年 11・12月号vol.265

1987年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.264

無意識がねらわれている

詳細

1987年 9・10月号vol.264

1987年9月15日発行(隔月刊)

500円

vol.263

CD-ROM旋風

詳細

1987年 7・8月号vol.263

1987年7月15日発行(隔月刊)

500円

vol.262

メディアの中の家族

詳細

1987年 5・6月号vol.262

1987年5月15日発行(隔月刊)

500円

vol.261

大阪主義

詳細

1987年 3・4月号vol.261

1987年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.260

ネットワーキング

詳細

1987年 1・2月号vol.260

1987年1月15日発行(隔月刊)

500円

1986

1986年1月リニューアル

版形をB5変型とする。

vol.259

住まいの新次元

詳細

1986年 11・12月号vol.259

1986年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.258

シルバー新人類

詳細

1986年 9・10月号vol.258

1986年9月15日発行(隔月刊)

500円

vol.257

持続する力

詳細

1986年 7・8月号vol.257

1986年7月15日発行(隔月刊)

500円

vol.256

こどもコミュニケーション

詳細

1986年 5・6月号vol.256

1986年5月15日発行(隔月刊)

500円

vol.255

広告と女

詳細

1986年 3・4月号vol.255

1986年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.254

広告とアート

詳細

1986年 1・2月号vol.254

1986年1月15日発行(隔月刊)

500円

1985

vol.253

文化の輸出

詳細

1985年 11・12月号vol.253

1985年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.252

広告の本を読む

詳細

1985年 9・10月号vol.252

1985年9月15日発行(隔月刊)

500円

vol.251

店・街・劇場 空間の消費学

詳細

1985年 7・8月号vol.251

1985年7月15日発行(隔月刊)

500円

vol.250

生活のデータベース

詳細

1985年 5・6月号vol.250

1985年5月15日発行(隔月刊)

500円

vol.249

新聞の「未来学」

詳細

1985年 3・4月号vol.249

1985年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.248

予感・直観’85

詳細

1985年 1・2月号vol.248

1985年1月5日発行(隔月刊)

500円

1984

vol.247

情報のフォークロア

詳細

1984年 11・12月号vol.247

1984年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.246

コンベンションの時代へ

詳細

1984年 9・10月号vol.246

1984年9月15日発行(隔月刊)

500円

vol.245

オリジナルとコピー

詳細

1984年 7・8月号vol.245

1984年7月5日発行(隔月刊)

500円

vol.244

書体・文体・話体

詳細

1984年 5・6月号vol.244

1984年5月5日発行(隔月刊)

500円

vol.243

テクノ人間学

詳細

1984年 3・4月号vol.243

1984年3月5日発行(隔月刊)

500円

vol.242

メッセージ’84

詳細

1984年 1・2月号vol.242

1984年1月5日発行(隔月刊)

500円

1983

1983年1月 編集長 黒田杏子(vol.236~265)

vol.241

食卓のいま

詳細

1983年 11・12月号vol.241

1983年11月15日発行(隔月刊)

500円

vol.240

スポーツブームの見取図

詳細

1983年 9・10月号vol.240

1983年9月5日発行(隔月刊)

500円

vol.239

街を読む

詳細

1983年 7・8月号vol.239

1983年7月5日発行(隔月刊)

500円

vol.238

ことばの力

詳細

1983年 5・6月号vol.238

1983年5月5日発行(隔月刊)

500円

vol.237

仕事を遊ぶ

詳細

1983年 3・4月号vol.237

1983年3月5日発行(隔月刊)

500円

vol.236

コミュニケーションー発信感度と受信感度

詳細

1983年 1・2月号vol.236

1983年1月1日発行(隔月刊)

500円

1982

vol.235

装飾の時代

詳細

1982年 11・12月号vol.235

1982年11月5日発行(隔月刊)

500円

vol.234

一億人のプロ野球

詳細

1982年 9・10月号vol.234

1982年9月5日発行(隔月刊)

500円

vol.233

木のある生活

詳細

1982年 7・8月号vol.233

1982年7月5日発行(隔月刊)

500円

vol.232

FMラジオのルネッサンス

詳細

1982年 5・6月号vol.232

1982年5月5日発行(隔月刊)

500円

vol.231

自己露出症候群

詳細

1982年 3・4月号vol.231

1982年3月5日発行(隔月刊)

500円

vol.230

ハイ・テクノロジー時代

詳細

1982年 1・2月号vol.230

1982年1月1日発行(隔月刊)

500円

1981

vol.229

二十一世紀の金銭感覚

詳細

1981年 11・12月号vol.229

1981年11月5日発行(隔月刊)

500円

vol.228

名前について考える

詳細

1981年 9・10月号vol.228

1981年9月5日発行(隔月刊)

500円

vol.227

コミュニケーションとしてのスポーツ

詳細

1981年 7・8月号vol.227

1981年7月5日発行(隔月刊)

500円

vol.226

女が働きに出るとき

詳細

1981年 5・6月号vol.226

1981年5月5日発行(隔月刊)

500円

vol.225

新・世紀末現象

詳細

1981年 3・4月号vol.225

1981年3月5日発行(隔月刊)

500円

vol.224

「第二次テレビ革命」進行中

詳細

1981年 1・2月号vol.224

1981年1月1日発行(隔月刊)

500円

1980

vol.223

現代生活と記号論

詳細

1980年 11・12月号vol.223

1980年11月5日発行(隔月刊)

500円

vol.222

「共生」の時代へ―第一回日本文化デザイン会議の収穫

詳細

1980年 9・10月号vol.222

1980年9月5日発行(隔月刊)

500円

vol.221

ダイレクト・マーケティングとその未来

詳細

1980年 7・8月号vol.221

1980年7月5日発行(隔月刊)

500円

vol.220

“雑誌化社会”細分化する情報重要

詳細

1980年 5・6月号vol.220

1980年5月5日発行(隔月刊)

500円

vol.219

「フェミニズム」の可能性

詳細

1980年 3・4月号vol.219

1980年3月5日発行(隔月刊)

500円

vol.218

省エネルギーとコミュニケーション

詳細

1980年 1・2月号vol.218

1980年1月1日発行(隔月刊)

500円

1979

vol.217

伝統商法に学ぶ

詳細

1979年 11・12月号vol.217

1979年11月5日発行(隔月刊)

500円

vol.216

学習社会への道

詳細

1979年 9・10月号vol.216

1979年9月5日発行(隔月刊)

500円

vol.215

エレクトロニクス世代の意識構造

詳細

1979年 7・8月号vol.215

1979年7月10日発行(隔月刊)

500円

vol.214

再考・地域と文化

詳細

1979年 5・6月号vol.214

1979年5月15日発行(隔月刊)

500円

vol.213

消費市場の高齢化とマーケティング

詳細

1979年 3・4月号vol.213

1979年3月15日発行(隔月刊)

500円

vol.212

開放経済のカルチャー・ショック

詳細

1979年 1・2月号vol.212

1979年1月1日発行(隔月刊)

500円

1978

『広告』復刊 編集長 伊藤酒造雄(vol.210~235)。

12年の休刊を経て、1978(昭和53)年9月に「復刊予告号」、11月に「復刊記念号」を発行し、1979年1月から隔月発行。再発行の目的は、大きく次の三点であった。①長期経営戦略の一環として(明日を予見する)、②情報産業としての能力拡大のため(社外の人材の獲得)、③営業活動の援助手段として(得意先に対するサービス)。
復刊の新しい視点について、伊藤酒造雄は『宣伝会議』のインタビューに次のように答えている。「雑誌は絶えず先行することに意義がある。人類学、民族学、比較宗教学など、〈第一次『広告』〉でやってきた社会学、社会心理学を含んだ広告・マーケティング以外のところから新しい知恵と人を巻き込みたい。それが復刊『広告』の使命。もう一つはパブリック・インタレストというか社会公共的局面とのインターフェイスです。「広告と社会」というフレームを設定することが必要で、そこでは市民・消費者運動との対話、政府官公庁との対話、あるいは法律・広告規制との動向紹介など、好むと好まざるとにかかわらず取り入れなければならない」。
雑誌コンセプトは、「広告コミュニケーション文化を発信するメディア」。これは、その後も受けつがれ現在に至っている。210~253号A4変形判。 

vol.211

テレビCMはどこへいくか

詳細

1978年 復刊記念号vol.211

1978年11月10日発行(隔月刊)

500円

vol.210

ヒューマンスケールへの回帰

詳細

1978年 復刊予告号vol.210

1978年9月10日発行(隔月刊)

500円

1967-1977

休刊

1966

vol.209

「生活の未来と広告」─川添登、杉政孝、石川弘義、今井俊博

1966年 春号vol.209

vol.208

「シンボルへの価値転轍器」─山本明、「クリエーティブであることの意味について」─中野収

1966年 冬号vol.208

1965

1965年7月 編集長 末永哲夫(vol.206~209)

『季刊広告』となるも、1966年春号をもって休刊。

vol.207

「広告と経済」─田内幸一、大歳良充、豊田連、小林三千夫、「豊かな生活への欲望の歩み」─安永武巳

1965年 秋号vol.207

vol.206

「欲望の戦後史」─石川弘義

1965年 夏号vol.206

vol.205

「商品の意味論」─加藤秀俊、「広告は批評である」─佐藤毅

1965年 5月号vol.205

vol.204

「イメージへの手がかり」─乾孝、「イメージ・メーカー私論」─草柳大蔵

1965年 3・4月号vol.204

vol.203

「広告と政治」─猪木正道、「大衆について」─石川弘義、江藤文夫、尾崎秀樹、山田宗睦

1965年 2月号vol.203

vol.202

「日本的生活の曲り角」─大来佐武郎、「クオリティで考えよう」─野田一夫、瀨木博親

1965年 1月号vol.202

1964

vol.201

「広告界1965への展望」─平井鮮一、「私のテレビ論」─木下恵介、堀江史朗

1964年 12月号vol.201

vol.200

「もののネウチと形容詞」─加藤秀俊

1964年 11月号vol.200

vol.199

「創造活動の現代的状況」─岩崎昶

1964年 10月号vol.199

vol.198

「ニュース・メーカー覚え書」─草柳大蔵、「日宣美のデザイナーたち」─瀬木慎一

1964年 9月号vol.198

vol.197

「私のなかの世界」─レイモン・ペイネ、谷内六郎、串田孫一

1964年 8月号vol.197

vol.196

「消費者行政と運動の周辺」─編集部、「消費者教室の師弟たち」─古谷綱武

1964年 7月号vol.196

vol.195

「豊富のなかの広告の条件」─坂本二郎

1964年 6月号vol.195

vol.194

「集団創造の論理」─石川甫、菊竹清訓、島田光雄、西尾忠久、羽仁進

1964年 5月号vol.194

vol.193

「新しい社会とマーケティング」─道面豊信

1964年 4月号vol.193

vol.192

「広告における対話の条件」─福田定良、「アメリカ風お買いもの法」─I. S. コーガン

1964年 3月号vol.192

vol.191

「テルスター時代の“映像文明”」─加藤秀俊、「映像と表現」─市川崑、岡田晋、岡本愛彦、堀江史朗

1964年 2月号vol.191

vol.190

「創造的社会への出発」─郷司浩平、「初しゃべりマスコミ文化論」─内村直也、神吉晴夫、高木健夫、藤原弘達

1964年 1月号vol.190

1963

1963年1月 編集長 天野祐吉(vol.178~205)

編集コンセプトを「大衆文化としての広告」とする。

vol.189

「消費者像の変化を追って」─安永武巳、「グラビア欲望の風土記 大阪」─多田道太郎

1963年 12月号vol.189

vol.188

「これからのマーチャンダイジング」─遠入昇、加固三郎、前川馨、山中鏆、斎藤定良

1963年 11月号vol.188

vol.187

「消費社会とマスエネルギーの行く手」─杉政孝、「欲望の戦後史」─石川弘義

1963年 10月号vol.187

vol.186

「変わりゆく消費者像」─宇野政雄、「広告の現実と責任」─瀨木博親

1963年 9月号vol.186

vol.185

「広告の権威と信頼を育てるもの」─深見和夫

1963年 8月号vol.185

vol.184

「日本人の広告風土」─多田道太郎

1963年 7月号vol.184

vol.183

「消費者運動と企業行動の接点」─大和勇三

1963年 6月号vol.183

vol.182

「消費者から生活者へ」─大熊信行、「広告のアカウンタビリティ」─C・L・ビグロー

1963年 5月号vol.182

vol.181

「新しい広告人への期待」─稲葉秀三

1963年 4月号vol.181

vol.180

「TVその今日と明日」─今道潤三、S. L. ウィーバー、「BOOKS & SHOWS」─植草甚一ほか

1963年 3月号vol.180

vol.179

「大量消費下の出版マーケティング」─宇野政雄、「都市家庭の献立調査」─博報堂調査局

1963年 2月号vol.179

vol.178

「自由化進展の年を迎えて」─岩佐凱実、「誌上最大のキャンペーン」─キノトール、谷内六郎、都筑道夫

1963年 1月号vol.178

1962

vol.177

「広告文化の責任を負うもの」─加藤秀俊、「消費者との“対話”」─正田喜久雄

1962年 12月号vol.177

vol.176

「テレビ表現の創造性をさぐる」─飯島正、梅田晴夫

1962年 11月号vol.176

vol.175

「マーケティング・コミュニケーションの展開」─瀨木博親

1962年 10月号vol.175

vol.174

「市場競争と企業の行動」─田杉競、「広告と法律の周辺」─勝本正晃

1962年 9月号vol.174

vol.173

「パブリシティとコンシューマーリレーション」─堤清二

1962年 8月号vol.173

vol.172

「顧客の系列化と消費者運動」─上岡一嘉、「不当表示防止とアメリカのTV界」─竹村健一

1962年 7月号vol.172

vol.171

「欲望の社会心理」─望月衛

1962年 6月号vol.171

vol.170

「国際収支の改善と企業の立場」─阿部統、沢田久男

1962年 5月号vol.170

vol.169

「あたらしく広告界へ入った人に」─安永武巳

1962年 4月号vol.169

vol.168

「視覚伝達における画像的思考の世界」─島崎敏樹

1962年 3月号vol.168

vol.167

「広告予算編成のダイナミクス」─坂本清、柳田修治郎、五反田勝寿、正田喜久雄

1962年 2月号vol.167

vol.166

「成長経済のゆく手と広告活動」─向坂正男、「番組企画と文芸作品」─梅田晴夫

1962年 1月号vol.166

1961

1961年1月 『月刊 広告』に改題

1961(昭和36)年1月、『月刊 広告』に改題。山名文夫、山城隆一、杉浦康平と続いた表紙は、社内メンバーが引き継いだ。瀨木博親が進める広告の近代化に伴走する機関誌の色合いが濃くなる。

1961年12月 編集長 久野義治(vol.164~177) 

vol.165

「現代人の性格と行動」─D・リースマン、宮城音彌、永井道雄、門山允、「アート・ディレクターを待望する」─瀬木慎一

1961年 12月号vol.165

vol.164

「広告計画のなかの番組企画」─並河亮、「テクニカル・コピーの訴求点」─R・J・マックビッカー

1961年 11月号vol.164

vol.163

「経営問答/ヴァイタリティをつつむ経営管理」─上原正吉、坂本藤良

1961年 10月号vol.163

vol.162

「消費構造の変貌と流通革命」─宇野政雄、「経営問答/ひろがる第三次産業の軌道」─堤清二、坂本藤良

1961年 9月号vol.162

vol.161

「イメージの午後」─宮城音彌、梅田晴夫、黒須田伸次郎、瀬木慎一、「広告計画の10の基本課題」─カール・ジョンソン

1961年 8月号vol.161

vol.160

「デザイン教育」─M・ブロックマン、岡本太郎、勝見勝、塚田敢

1961年 7月号vol.160

vol.159

「国際市場と海外PR」─森仁、A・L・グライムス、森重利直、「広告効果からみたテレビ視聴者の実態と特性」─博報堂調査部

1961年 6月号vol.159

vol.158

「企業イメージをTVする」─林周二、今村一郎、柳田修治郎、川勝久、「アメリカの約束をPRする」─A・ケッチャム

1961年 5月号vol.158

vol.157

「マーケティング・プログラム展開の条件」─片岡一郎、「笑いとコマーシャル」─柳原良平

1961年 4月号vol.157

vol.156

「新しい消費者像」─加藤秀俊、「都市家計における買い物習慣の実態」─博報堂調査部

1961年 3月号vol.156

vol.155

「マーケティング・コミュニケーションの科学的突破作戦」─スペンサー・クロー

1961年 2月号vol.155

vol.154

「ことしも大いに売りましょう」─大宅壮一、市村清、宮城音彌

1961年 1月号vol.154

1960

1960年1月 編集長 加固三郎(vol.142~163)

vol.153

「広告における自由と責任」─西郷徳男、「めざめる消費の生産性」─氏家寿子

1960年 12月号vol.153

vol.152

「現代の経営とパブリック・リレーションズ」─坂本藤良

1960年 11月号vol.152

vol.151

「広告と実験心理学」─相良守次、「新しい時代の広告管理」─瀨木博親、柴田久雄、斎藤太郎、服部幾三郎、横山正克、中村泰治

1960年 10月号vol.151

vol.150

「都市における消費需要の動向」─安永武己、「団地/新しい消費者」─アド サーチ サークル

1960年 9月号vol.150

vol.149

「広告商品化と新しい販売」─高橋満寿男、「耳を傾けさせる/音」─藤井一市

1960年 8月号vol.149

vol.148

「デザイナーの自覚と制作」─ソウル ・ バス、 伊藤憲治、今泉武治、川崎圓祐

1960年 7月号vol.148

vol.147

「購買市場におけるオピニオン・リーダー」─牧田稔

1960年 6月号vol.147

vol.146

「子どもと広告」─波多野完治、南博、藤本倫夫、金沢覚太郎、堀川直義

1960年 5月号vol.146

vol.145

「説得と受け手の心理」─望月衛

1960年 4月号vol.145

vol.144

「輸出マーケティングの諸問題」─森重利直、「広告問答・化粧品─そのムードと流行」─白川忍、石垣綾子

1960年 3月号vol.144

vol.143

「テレビにおけるCMの位置」─加藤秀俊

1960年 2月号vol.143

vol.142

「日本経済の繁栄と広告」─池田勇人、「経済発展の積極的方途」─石坂泰三

1960年 1月号vol.142

1959

vol.141

「飛躍する広告産業の現状と今後の課題〈広告問答〉」─衣笠静夫、石垣綾子、「グラフィック・デザインと商業写真」─伊藤幸作

1959年 12月号vol.141

vol.140

「現代生活と自動車産業〈広告問答〉」─加藤誠之、石垣綾子

1959年 11月号vol.140

vol.139

「石鹸・洗剤産業の展望と課題〈広告問答〉」─丸田芳郎、石垣綾子、「現代人の広告心理」─南博、堀川直義、八木俊雄、今泉武治、室井鉄衛

1959年 10月号vol.139

vol.138

「マーケティングにおける購買動機の考察」─小林太三郎

1959年 9月号vol.138

vol.137

「カラー時代をむかえたテレビ〈広告問答〉」─福井近夫、石垣綾子、「屋外広告と都市美」─小林利雄、門倉則之

1959年 8月号vol.137

vol.136

「世の味 人の味〈広告問答〉」─鈴木三郎助、石垣綾子、「これからのラジオ」─川勝久、井口正夫

1959年 7月号vol.136

vol.135

「『洋酒談義』あれこれ〈広告問答〉」─成田清治、石垣綾子

1959年 6月号vol.135

vol.134

「新段階に入った今日の出版界〈広告問答〉」─野間省一、石垣綾子

1959年 5月号vol.134

vol.133

「媒体としての週刊誌のつかい方」─原弘、遠入昇、新田敞、角南浩、神吉晴夫、瀬木博親、八木俊雄、金子礼二、山中喜與蔵、久保田孝

1959年 4月号vol.133

vol.132

「株式ブームの周辺を語る〈広告問答〉」─小池厚之助、石垣綾子

1959年 3月号vol.132

vol.131

「家庭電化のプロモーションについて〈広告問答〉」─平賀潤二、石垣綾子

1959年 2月号vol.131

vol.130

「鮎川義介氏を囲んで」─鮎川義介、鮎川金次郎、瀨木博信、瀨木博親

1959年 1月号vol.130

1958

1958年4月 編集長 柳逸雄(vol.121~128)

1958年12月 編集長 瀨木博親(vol.129~141)

vol.129

「1958年の問題点」─岩井隆一、田所太郎、向秀男、藤本倫夫、祐乗坊宣明

1958年 12月号vol.129

vol.128

「テレビをどう使うか」─久保田孝、角南浩、山形弥之助、大島利定、朝岡武男、加登川幸太郎、田内幸一

1958年 11月号vol.128

vol.127

「イラストレーションその技法とアイディア」─氏原忠夫、奥山儀八郎、登村ヘンリー

1958年 10月号vol.127

vol.126

「雑誌広告─その動向と問題点」─今泉武治、近江匡、久保田裕、麻生吉郎、宮本信太郎、川上昇、祐乗坊宣明

1958年 9月号vol.126

vol.125

「日米の広告事情を語る」─浦島亀太郎、殖栗文夫、西郷徳男、市橋立彦、瀨木博政

1958年 8月号vol.125

vol.124

「曲り角に立つCM」─岩井隆一、長谷川藤五、栗原進

1958年 7月号vol.124

vol.123

「PRの再検討」─殖栗文夫、殿村秀雄、堀内義高

1958年 6月号vol.123

vol.122

「マーケティング・リーダーの研究」─後藤恒道、上田八州、桶本正夫

1958年 5月号vol.122

vol.121

「出版界今日の問題点」─石川静夫、田中京之助、加藤明、原弘

1958年 4月号vol.121

vol.120

「コピーライターをどう養成するか」─市橋立彦、今泉武治、上野壮夫、黒須田伸次郎、久保田孝、山形弥之助、斎藤太郎

1958年 3月号vol.120

vol.119

「マーチャンダイジング」─清水晶、五老信吉、山形弥之助

1958年 2月号vol.119

vol.118

「広告のアイデア」─今井茂雄、向秀男、渡辺八郎、開高健、横田昭次、村瀬尚、伊藤逸平

1958年 1月号vol.118

1957

1957年1月 編集長 堀尾直信(vol.106~120)

vol.117

「1957年の問題点」─岩井隆一、向秀男、藤本倫夫、祐乗坊宣明、田所太郎

1957年 12月号vol.117

vol.116

「テレビ局の増加をめぐって」─岩井隆一、久間春彦、古寺幸義、相見利嗣、堺谷升夫、喜多善平、引野友義、関享

1957年 11月号vol.116

vol.115

「マーケッティングへの隘路」─今井孝、宇野政雄

1957年 10月号vol.115

vol.114

「デフレ下の広告政策」─衣笠静夫、白川忍、小林辰四郎、飯田美稲、太期俊三、宮本信太郎、亀山太一、須藤博

1957年 9月号vol.114

vol.113

「大阪人の商魂と広告」─原弘、早川良雄、勝見勝、竹岡リョウ一、副田壬一、山崎隆夫、小林葉三、寺本正文、佐野英夫、重成基

1957年 8月号vol.113

vol.112

「広告費の諸問題」─市橋立彦、奥田晃久、藤本倫夫、遠藤健一、久武雅夫、溝口敏行

1957年 7月号vol.112

vol.111

「海外宣伝について」─河野鷹思、名取洋之助、川崎太平、東条俊夫、森重利直

1957年 6月号vol.111

vol.110

「雑誌広告」─松本善之助、宮本信太郎、橘弘一郎、遠入昇

1957年 5月号vol.110

vol.109

「CMの研究」─岩井隆一、大伏肇、高橋正光、栗原進、山形弥之助、斉藤隆夫、角南浩

1957年 4月号vol.109

vol.108

「欧米のデザイン」─河野鷹思、渡辺力

1957年 3月号vol.108

vol.107

「マーケッティングを語る」─宇野政雄、遠藤健一、久保村隆祐

1957年 2月号vol.107

vol.106

「新人デザイナー12人集」─細谷巌、柳原良平、杉浦康平、宇野亜喜良、伊東寿太郎、本多八郎、田保橋淳、古畑多喜雄、清水和久、宮沢尚、斎藤照雄、有本功

1957年 1月号vol.106

1956

vol.105

「今年の広告界」─向秀男、藤本倫夫、岩井隆一、祐乗坊宣明、田所太郎

1956年 12月号vol.105

vol.104

「写真と広告」─伊藤幸作、増田正、八木治、大辻清司

1956年 11月号vol.104

vol.103

「広告とユーモア」─伊藤逸平、やなせ・たかし、横田昭次

1956年 10月号vol.103

vol.102

「アメリカの広告代理店を語る」─瀨木博親

1956年 9月号vol.102

vol.101

「番組編成上の特色」─武本正義、野沢隆一、高橋武治

1956年 8月号vol.101

vol.100

「受けるということ」─いぬい・たかし、西尾忠久、市橋立彦

1956年 7月号vol.100

vol.99

「広告と販売の新しい関係」─遠藤健一、市橋立彦

1956年 6月号vol.99

vol.98

「出版広告はどう変るか」─川崎勲、桶本正夫、須藤博、高橋己寿衛、篠岡昭雄

1956年 5月号vol.98

vol.97

「広告のアイディア」─今泉武治、藤本倫夫、大橋正、村瀬尚

1956年 4月号vol.97

vol.96

「広告と倫理」─奥田晃久、牧田喜義、遠藤健一

1956年 3月号vol.96

vol.95

「テレビ広告」─福井近夫、今道潤三、石原裕市郎、加登川幸太郎、山岡恒雄

1956年 2月号vol.95

vol.94

「広告のコトバ」─中村通夫、大石初太郎、森岡健二、宇野義方

1956年 1月号vol.94

1955

1955年1月、『広告』と改題

1955(昭和30)年1月、広く広告界全体の討論の場としたいという思いをこめて『広告』と改題(題字の下の「博報堂月報」併記はvol.153まで続いた)。

vol.93

「広告時評」─祐乗坊宣明、向秀男、岩井隆一、藤本倫夫

1955年 12月号vol.93

vol.92

「ゴールデン・アワーの問題」─南英四郎、宇田道夫、近江匡、小島利男、伊藤正弘

1955年 11月号vol.92

vol.91

博報堂60周年記念号「マス・メディアの発達」─須永三郎、川島象次郎、殖栗文夫、池田文痴菴

1955年 10月号vol.91

vol.90

「ラジオ・コマーシャル制作の条件」─稲田植樹、吉村光夫、大伏肇

1955年 9月号vol.90

vol.89

「広告批評の基準をめぐって」─久保田孝、川崎民昌、黒須田伸次郎、斎藤太郎

1955年 8月号vol.89

vol.88

「商業テレビの現状」─久住悌三、金沢覚太郎

1955年 7月号vol.88

vol.87

「広告の活字」─山名文夫、原弘、祐乗坊宣明、馬渡務、山城隆一

1955年 6月号vol.87

vol.86

「ABCとICCに就て」─小林辰四郎

1955年 5月号vol.86

vol.85

「広告文案をめぐって」─遠藤健一、新保民八、黒須田伸次郎、藤本倫夫、山城隆一

1955年 4月号vol.85

vol.84

「出版におけるデザインの問題」─原弘、佐野英夫、須藤博、近藤善勝

1955年 3月号vol.84

vol.83

「PR映画を語る」─藤本倫夫、向秀男、岡田桑三

1955年 2月号vol.83

vol.82

「広告予算配分に関する公約数的実例」─新田宇一郎

1955年 1月号vol.82

1954

1954年6月 編集長 正田喜久雄(vol.75~105)

vol.81

「広告界の足跡」─森沢清、岡本敏雄、川崎民昌、勝見勝、「広告効果測定への試み」─本社調査部

1954年 12月号vol.81

vol.80

「出版広告の表現」─田所太郎、大下正男、島尾高明、近藤善勝、高野正博

1954年 11月号vol.80

vol.79

「テレビ広告」─福井近夫、稲生平八、長谷川遠四郎、奥田晃久、茂木重平、久住悌三、石原裕市郎

1954年 10月号vol.79

vol.78

「デザイン運動の新たなる展開」─勝見勝、祐乗坊宣明、亀倉雄策、柳宗理

1954年 9月号vol.78

vol.77

「広告表現とアート・ディレクター」─今泉武治

1954年 8月号vol.77

vol.76

「デフレ下の広告と販売」─内藤豊次、宇野政雄

1954年 7月号vol.76

vol.75

「広告と写真」─伊奈信男、原弘、井深徴

1954年 6月号vol.75

vol.74

「雑誌広告について」─谷口龍吉、阿部捷男、梶山仁、栗原亮、三井由之助、近江匡

1954年 5月号vol.74

vol.73

「アド・エイジェンシイの問題」─新保民八、中尾義隆、奥田晃久

1954年 4月号vol.73

vol.72

「宣伝企画について」─稲生平八、衣笠静夫

1954年 3月号vol.72

vol.71

「出版広告の課題」─藤森善貢、神吉晴夫、小林英夫、三浦淳、須藤博

1954年 2月号vol.71

vol.70

「新聞広告のイラストレーター」─川崎民昌、山城隆一、岡田茂、山名文夫

1954年 1月号vol.70

1953

1953年10月 雑誌としてリニューアル

B5判32ページの雑誌としてリニューアル。アートディレクターに山名文夫を迎える(67~129号)。

vol.69

「広告調査について」─濱野毅、柴田芳男、市橋立彦、森浩、藤崎辰也、深井武夫、(「ミューズ石鹸の広告実験調査」─広告科学研究会、今泉武治)

1953年 12月号vol.69

vol.68

「CMについて」─新保民八、岩井隆一

1953年 11月号vol.68

vol.67

「広告文案について」─川崎民昌、島田晋、久保田孝、黒須田伸次郎

1953年 10月号vol.67

vol.66

「サーヴィス忘れたカナリヤ─メーカーに捧ぐ」─扇谷正造

1953年 9月号vol.66

vol.65

「アメリカ広告便り、感心した『広告のための広告』」─新保民八

1953年 8月号vol.65

vol.64

「必要な業者への啓蒙(デザイナアの位置について)」─河野鷹思

1953年 7月号vol.64

vol.63

「広告の効果と価格(広告効果測定の二様の意味)」─田中京之介

1953年 6月号vol.63

vol.62

「本の広告雑感」─祐乗坊宣明

1953年 5月号vol.62

vol.61

「第五回装幀美術展、5月5日から三越本店で開催」

1953年 4月号vol.61

vol.60

「広告と芸術との関係─英国広告会の趨勢から」

1953年 3月号vol.60

vol.59

「出版社の宣伝についての意見」─遠藤健一

1953年 2月号vol.59

vol.58

「アート・ディレクターとイラストレーター、朝日広告賞における分業的意義」

1953年 1月号vol.58

1952

vol.57

「アート・ディレクター探求」─藤本倫夫

1952年 12月号vol.57

vol.56

「朝日広告賞から」─川崎民昌

1952年 11月号vol.56

vol.55

「デザインの創意について─注文主側の怠慢」─植村鷹千代

1952年 10月号vol.55

vol.54

「狹隘な市場争奪戦─安易な配本制度の枠を外せ」─畑中繁雄

1952年 9月号vol.54

vol.53

「本誌に肩代りして新しい読者層を狙う─別冊・増刊の流行」「朝日新聞社主催、『朝日広告賞』設置」

1952年 8月号vol.53

vol.52

「読者は狙われている『インテリ読者層』『中間読者層』『大衆読者層』の三つの層に見る上半期の出版界」

1952年 7月号vol.52

vol.51

「優劣つけがたき装幀美に熱心な観客一万余。第四回装幀賞決定す」

1952年 6月号vol.51

vol.50

「出品図書四百冊余 第四回装幀美術展、5月6日から開催」

1952年 5月号vol.50

vol.49

「第四回装幀展に当りて」─恩地孝四郎

1952年 4月号vol.49

vol.48

「最近の児童図書出版」─古谷綱武

1952年 3月号vol.48

vol.47

「新しい読者層の拡充について─強力な政治力が必要か」

1952年 2月号vol.47

vol.46

「危機に対処する道」─美作太郎

1952年 1月号vol.46

1951

1951年9月 タブロイド判4ページにリニューアル

vol.45

「さよなら1951年 出版界の足跡」

1951年 12月号vol.45

vol.44

「言論出版の自由について」─石井満

1951年 11月号vol.44

vol.43

「浮動未だ止まず─出版界横観」

1951年 10月号vol.43

vol.42

「講和と出版。良識に期待する」─金森徳次郎、「フェアな競争が必要」─中島健蔵

1951年 9月号vol.42

vol.41

「広告と調査」─深井武夫

1951年 8月号vol.41

vol.40

「出版以前」─坂西志保

1951年 7月号vol.40

vol.39

「今秋には第一声。期待される民間放送」

1951年 6月15日vol.39

vol.38

「出版界今昔」─鍛冶忠一

1951年 6月1日vol.38

vol.37

「装幀に一般の関心高まる─第三回装幀賞決定」

1951年 5月15日vol.37

vol.36

「翻訳権への正当な認識を。翻訳権10年とはどういうことか」

1951年 5月1日vol.36

vol.35

「出品図書580点、装幀原画84枚─第三回装幀美術展」

1951年 4月15日vol.35

vol.34

「ふえた重版物と普及版─出版の小刻み的傾向」

1951年 4月1日vol.34

vol.33

「パルプの統制撤廃を繞って。現下の用紙事情」

1951年 3月15日vol.33

vol.32

「第三回装幀美術展」

1951年 3月1日vol.32

vol.31

「フラグメント」─関谷忠雄

1951年 2月15日vol.31

vol.30

「用紙生産絶対量変わらず不足から出版の自粛へ」

1951年 2月1日vol.30

vol.29

「出版をたたえ出版を恐れる」─金森徳次郎

1951年 1月1日vol.29

1950

1950年1月増ページ

広告業界の急速な復活に合わせて増ページ。一般商品広告関係の記事も扱うようになる。その後、業界の動向とともに、新聞・雑誌・ラジオなど各方面に内容を拡大。

vol.28

「1950年十大ニュース(チャタレイ事件、ロマンス社の紛争等)」

1950年 12月号vol.28

vol.27

「良書普及運動について」─中井正一、中島健蔵

1950年 11月号vol.27

vol.26

「“第四回”読書週間に望む」─石井満、本吉信雄、布川角左衛門

1950年 10月号vol.26

vol.25

「苦悩する出版界。秋のシーズンをどう見るか」

1950年 9月号vol.25

vol.24

「ベストセラーへの反省」─中井正一、「特集・連合広告の研究」

1950年 8月号vol.24

vol.23

「出版界の不況について」─竹泉武、水谷章一、宮沢忠雄、芹沢光治良

1950年 7月号vol.23

vol.22

「昨今の出版事情。本は売れないと云う」

1950年 6月号vol.22

vol.21

「向上した装幀美、第二回装幀美術展終る」

1950年 5月号vol.21

vol.20

「第二回装幀展に際して」─新居格、恩地孝四郎

1950年 4月号vol.20

vol.19

「陽春を飾る“第二回” 装幀美術展」

1950年 3月号vol.19

vol.18

「軌道に乗りつつある出版界」

1950年 2月号vol.18

vol.17

「1950年 今年こそフォームを整えよう。出版界に望む」─中井正一

1950年 1月号vol.17

1949

1949年11月 編集長 堀尾直信(vol.15~74)

vol.16

「今年の出版界を顧みて」─川崎文治、田村年雄

1949年 12月号vol.16

vol.15

「税金対策を衝く。出版界の内包する諸問題─科学性と合理性の必要─」

1949年 11月号vol.15

vol.14

「外国語翻訳著作権について」

1949年 10月号vol.14

vol.13

「われ等は如何にしてふみ止まるべきか」─中井正一

1949年 9月号vol.13

vol.12

「毎日出版文化賞はどう決定されるか」

1949年 8月号vol.12

vol.11

「出版界はどうあるべきか」─鈴木文史朗

1949年 7月号vol.11

vol.10

「日配第二会社問題に対する出版界の概況」

1949年 6月号vol.10

vol.9

「“装幀美”の再発見。装幀展を終わって」─新居格

1949年 5月号vol.9

vol.8

「出版界春の三大行事迫る」

1949年 4月号vol.8

vol.7

「美しいよい本の時代は来た。“装幀賞”と“装幀美術展” 陽春を飾る二大企画発表」

1949年 3月号vol.7

vol.6

「雑誌の“過剰生産”対策ありや 激烈なる競争に小売店はやくもヒメイ」

1949年 2月号vol.6

vol.5

「出版文化に新風! 美しいよい本をつくるために協力して。本社に装幀相談所開設」

1949年 1月号vol.5

1948

1948年9月『博報堂月報』創刊 編集長 松本昇(vol.1~14)

『広告』の前身となる『博報堂月報』創刊。瀨木博信社長による「創刊のことば」(第1号)には「出版広告取扱五十有余年の歴史を持つ小社が出版広告界の動向とその主なる媒体機構である新聞雑誌社の広告政策をあまねく研究して出版広告発達の上に聊かお役に立ちうるものをご覧に入れたいという念願から創刊致しました。創刊号御高覧の上御示教賜りましたならば誠に幸甚に存じます。何卒、今後一層のご指導御べんたつを御願申上げます(本社社長)」とある。タブロイド半裁判。当時価格は5円で頒布された。

vol.4

「どんな本がよく読まれているか」(上野図書館調査)

1948年 12月号vol.4

vol.3

「婦人雑誌はどうあるべきか?」─平林たい子

1948年 11月号vol.3

vol.2

「特集・出版広告の研究」─殖栗文夫、江尻進

1948年 10月号vol.2

vol.1

出版界を左右する読書組合、創刊のことば─瀬木博信

1948年 9/1発行vol.1

特集

Contents